ITコラム

SIMを変更する時に必要な作業はこれ!注意点も見ておこう

今回は格安SIMを使うときなど、SIMを変更するときに必要な作業を紹介していきます。

SIMロック解除

SIMを変更するとき、つまり、
自分の今使っている端末に新しいSIMを差し込んで使うときに、
場合によってはSIMロック解除が必要になります。

どんな場合かというと、
「今自分が持っている端末と違う通信網で通信することになる時」です。

つまり、ドコモユーザがmineoのドコモプラン(ドコモの回線を使うプラン)に変更する時であれば、
SIMロック解除はいりません。
なぜなら、会社は変わるけれども、ドコモ回線を利用することには変わらないからです。

逆に、ドコモユーザがmineoのauプラン(auの回線を使うプラン)に変更する場合であれば、
SIMロック解除が必要です。

なので、mineoであれば、わざわざドコモユーザがau回線を使うよりは、
素直にドコモ回線を使った方が手間がなくてよいという見方もできます。

SIMロック解除の条件

SIMロック解除できる端末には、
「2015年5月以降に販売された機種」かつ「購入から半年経過」した場合という条件があります。

電話やPCスマホから、それぞれのショップからもSIMロック解除できるので、
自分が一番やりやすいやり方で解除するのが良いでしょう。

ショップだと3000円程度の手数料がかかるので、できれば自分でやるのが良いと思います。

MNP予約番号の取得

MNP予約番号も取得する必要があります。
とは言ってもカンタンで、各MNP転出元のキャリアに
電話すれば教えてくれます。

注意したいのは有効期限が15日ですが、
格安SIM会社によっては10日以上有効期限が残っていること
といった制約がある場合もあるので注意しましょう。

SIMの変更は意外にカンタンな作業で終わってしまいます。
難しいといった先入観を持たないようにしましょうね。

ソフトバンクからの乗り換えを考えているのであれば、キャッシュバック金額が大きい業者でやるのがおすすめです。

おとくケータイであれば、かなりお得に乗り換え可能です。

一度サイトでおとくケータイのキャンペーンを確認してみることをおすすめします。